「PRINCESS WALTZ」のレビュー

2007年12月27日 13:14

ども、くじらです
こんにちは~
この記事を書いて、やる事が終わったら実家に戻る予定です
今日は、先日から遊んでいたPulltopさんのゲーム「PRINCESS WALTZ」がクリアし終わったのでレビューでも書いていこうかと思います

メーカーPulltop
作品名 「PRINCESS WALTZ」
ジャンル AVG+SLG
発売日  2006年04月28日(金)
シナリオ :椎原旬、下原正
原画    :たけやまさみ
ムービー :どせい(蛍雪)

動作環境とか
メディア  DVD-ROM
ドライブ  2倍速以上 (4倍速以上推奨)
対応OS  Windows98SE/Me/2000/XP 日本語版
CPU  PentiumⅢ 800MHz以上
メモリ  128MB(XPは256MB以上)
ビデオカード  VRAM32MB以上搭載でDirect 3Dに対応したビデオカード(除くオンボードVGA)
グラフィック  800x600以上の解像度でハイカラー又はフルカラー表示可能な環境
サウンド  DirectX8.0a(日本語版)以上が正常に動作するサウンドカードで、
     WAVEファイルが再生可能な環境

まあ、こんな物でしょうね
こういったゲームは最近は必須でPen3 800Mhzが必須となっているものが
多いなぁ~と
MEと98SEでも遊べますよっと
これからは、どんどん切り捨てされていくのでしょうがね
『PRINCESS WALTZ』応援バナ

「雑記」
面白いんですが、何かが足りないそんな感じですかね~
それでも自分の中では、今年遊んだゲームの中では一番ですよ
前半で盛り上げておいて、これからなのかという所で
終わってしまうんですよね
具体的に言うと、エロゲじゃなくて少年マンガとかで燃えるストーリーで出したかった
のかなと言う感じ(分かりにくくてすいません)
攻略出来るヒロインは5人+1人!?
りっちゃん激萌え、鈍くさい萌えこれに尽きる
たけやさんの描くキャラクターは皆可愛いなぁ
見ているだけで、癒されますよ

※下記は20点満点の合計100点で計算しています


「シナリオ」   16点
シナリオは、椎原旬、下原正氏のお二方が書いています
こんにゃく等とは違い、パロは無かったんじゃないかと思います
でも、笑えましたがね
日常のやりとりが良いですね

グラフィック   20点
たけやまさみさんの描くキャラクターは可愛い
もっと人気がある原画家さんでも良いと思うんですがね
絵の印象としては、肉感的と言うか
健康美に溢れているヒロイン&登場キャラクターだなと
くじらの中では、一番好きな絵描きさんです
次回作の「てとてトライオン!」は本気で買うよ
目指せ!!テレカコンプ!!(ぉ
全部集めると10万近く飛びそうですが…

「システム」   15点
通常のAVGパートとカードバトルで敵と戦うSLGパートに分かれています
まあ、システムの作りは丁寧な方じゃないでしょうか
システムはWill系列の物だったかと思います
戦闘パートは、カードバトルとなっていて
最初に5枚のカードが配られます
それの数値を合わせて勝負するのですが
簡単に言うと、ジャンケンと同じです
剣>薙>槍>剣…こんな感じです
まず、最初のターンで相手のカードの数値より高い数を出さないと
次のターンで相手には攻撃できません
まあ、簡単な戦闘なんで特に書くことはないかと

「キャラクター」  20点
皆、可愛いですよ
自分的には鍛冶の国の「鋼の姫」ことリーゼルが一番好きです
ヒロインの順位的には
リーゼル=ヘンゼル(りっちゃん)>リリアーナ=ルン=ルン=ギュンスター>式神楽 清白>
アンジェラ=ヴィクトワール=ブレンディン>ヴィスレイの姫>シャチ吉>ドラ吉な風に
皆、可愛いんですけどね
清白に至っては、クリス一筋じゃなきゃもっと人気があったのになと言う感じです

「その他(ムービー)」   20点
OPムービーは蛍雪のどせいさんが担当されています
良い仕事してますね~
実は、高画質版もあり
こちらは、ソフマップ特典だった
コンテンツCDに収録されています
高画質版だと、OPムービーが通常版とはかなり違います
各ヒロインの紹介シーンで3Dで作製された各ヒロインの武器が表示されます
後は、細かいエフェクトがちょこちょこと増えていますかね
くじらは、これを入手する為に、オクで落としました
と言うか、仕事柄ムービーが気になる訳ですよ
ゲームの特典で高画質版のムービーが付いていると
ほぼ買います、ゲームは積みますがね

合計点数
  91点(あくまでもくじらの中では)

「最後に」
ヒロインを1人クリアする毎に
起動時のスタート画面に、その姫の国の紋章が浮かび上がっていきますが
それを全て集めると、真ルート突入とか考えていたのはくじらだけじゃないはず
うわなにをするやめr
まあ、面白いのでおススメですよ
初回版は既にロットアップしていますが
某密林だと通常版が発売する事になってますね
日付は、未定ですが
『PRINCESS WALTZ』応援バナー
では今回はこれで
ではでは


最近の記事