スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube × 1080p

2009年11月22日 18:56

YouTubeが1080p化だってーと聞きつけて
以前行ったHD化での負荷テストに準じる形で今回もテストしてみることにした
以前のテスト
YouTube×HD
(09/01/07)
前回のテストでPen3-mなマシンは問題外だったので、今回から切り捨て
Quadコアなデスク+Core2なノート、最近のシングルコアなCPU等でテスト
高画質だけども、その分重いので低スペックなPC等での視聴はほぼ無理

今回テストに使用した動画は以下の動画
URL:ttp://www.youtube.com/watch?v=PPfXxhp51jg&fmt=37
新しいウィンドウで開いて再生してみた

過去から来た、あゆむも可愛いけど歩姉が最高だと思うんだぜ
伊藤静最強説、とりあえず歩の脇舐めたい
確かに、画質はすげーけど重くなっている訳で

以下、ニュースサイト等での取り上げられていた記事をいくつか
YouTube、解像度1080pのHD動画オプションを提供へ

YouTube、来週から1080p HD動画をサポート


YouTube 1080p対応キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


再生支援について
Flash Player 10.1のDXVAサポートを試す
~IONネットブックで1080p動画がコマ落ちなしで再生可能


Flash Player 10.1ベータ版リリース、ハードウェアデコード対応でYouTubeも軽量化

Flash Player 10.1のβをインストールして
対応しているチップならば、再生支援が行えるらしいが
今回は、β版をインストールしていない、よってCPUパワーが必要になってくる
Intel GMA500でもFlash Player 10.1のDXVAサポートは効くのかを検証


今回は、以下のPCでテストを行った
以前、テストを行ったPCに多少手を加えてある
1(自作機 映像編集用)
OS :WindowsXP x64 SP2
CPU:Core2QuadQ6600@2.4Ghz
RAM:8GB(DDR2)
GPU:RADEON HD4670(VRAM512MB GDDR3)
説明
俺の仕事用マシンで、一般的なマシン以上のパワーは持っていると思う。
重い作業でも、そこそこ快適にこなしてくれる、クアッドコア搭載
IntelのQuadコアの中では最初の頃のモデル、最近は多少力不足感が否めないかも…

2(ThinkPad X61Tablet)
OS :Windows7 Ultimate x64
CPU:Core2DuoL7500@1.60Ghz
RAM:4GB(DDR2)
GPU:GMA X3100(VRAM最大224MB)
説明
普段常用しているマシン
Core2Duo+DDR2なメモリー+SATAなHDDと最近のごく一般的なマシン
デュアルコア搭載、SSD搭載

3(ThinkPad R400)
OS :Windows7HomePremium32bit
CPU:Celeron900@2.0Ghz
RAM:3GB(DDR3)
GPU:Intel GMA X4500 (VRAM最大384MB)
説明
DDR3なメモリー+最近のシングルコア搭載なマシン

4(hp dv7 09秋モデル)
OS :WindowsVistaHomePremium32bit
CPU:Core2DuoP8700@2.53Ghz
RAM:4GB(DDR2)
GPU:MobilityRADEON HD4670(VRAM1GB DDR3)
説明
hpの個人向けノートの中ではフラッグシップな機種
ハイエンド、デュアルコア搭載

5(Y氏の自作機)
OS :WindowsXP HomeEdition
CPU:Core2DuoE8400@3.00Ghz
RAM:4GB(DDR2)
GPU:RADEON HD3670(VRAM512MB GDDR3)
説明
FPSゲームとかする人のPC、Y氏に協力してもらいました感謝!!

6(DELL Inspiron 1526)
OS :WindowsVistaHomeBasicSP2 32bit
CPU:Turion64 X2 TL-60@2.00Ghz
RAM:4GB(DDR2)
GPU:Radeon Xpress 1270(最大256MB LFB64MB!?)
説明
実家で家族共用マシンとして使っているPC
1~2年前位にDELLで販売されていたAMD製のCPUを搭載している
ノートPC、AMDのCPUってコスパ良いよね!!例の35k祭りで購入したマシン
デュアルコア搭載で、そこそこVistaでも快適

1

CPU使用率は22~24%程度
IEでタブを開きまくって、他の作業も絡めてみたけど何ら問題なし
もちろん、ぬるぬる動く

2

Core2Duoが低電圧版だとしても、この結果にはショックを受けた…
88~97%辺りをうろうろと、お世辞にもぬるぬるとは言えない
何とか再生出来ているレベル、他の作業を絡めるなんてとんでもない!

3
画像はありません(撮影し忘れた為)
CPU使用率79~100でコマ落ちしまくり
やはり、デュアルコアでそこそこクロックの高いCPUが欲しい所
再生支援が使えれば、問題なく再生できると思う

4

50~90ちょいをうろうろと推移
問題なく再生可能

5
おk
問題なく再生可能

6
2010y01m01d_191302627.jpg
元々、AMD製のCPUは動画に弱いと言われているが
720pは問題なく再生可能だが、1080pになるといきなり再生が出来なくなった
再生を開始した途端に、CPU使用率97~100に貼り付き無理
再生支援が使えれば、Atomでも再生できるので問題ないはずなのだが
残念ながらチップがRADEON Xpress1270なので再生支援も使えずにCPUパワーにしか頼れない
Vistaも足をひっぱりまくっていると思うBroadcom CrystalHD MiniPCI-E BCM970012でも
増設すれば良いのかもしれないけど、どうせ実家で1080pの動画を見ることなんて
ないだろうし、今後も恐らく無い
時間があればXP化して、テストしてみたいなぁ(;'-')


・最後に考察みたいなの
1080p化と言う事で、確かに高画質で綺麗になっていますが
再生支援を使わない場合は、Core2でも低電圧版や低クロックの物だと
再生が厳しいです。(CPUパワーが必要になる為)
最低でも、デュアルコアで2.4Ghz位は余裕を持って欲しいところ
OS等の環境にもよりますが…
今回のテストは、これ位の負荷がかかるんだー位で捉えておいて下さい
俺も、そこまでキッチリしたテストをしている訳ではないので

又、テスト結果が増えたりしたら更新するかも
更新履歴
・(10/01/02)AMD製のCPUを搭載したPCでもテストしました
次はBroadcom CrystalHD MiniPCI-E BCM970012を使用しての
動画再生支援を行ってのテスト予定(X61Tablet+Vista32bit+BCM970012)
期待せずに待て!!

追記(10/04/20)
X61TabltにFlash Player 10.1ぶち込んでドライバ充てて再生してみた
2010y04m20d_115327346.jpg
CPU使用率がなり下がって快適に視聴できるようになった
これは、かなり導入する価値のあるカードと思う


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekozaki.blog77.fc2.com/tb.php/1153-63042075
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。